手軽に食物繊維が摂取できる「粉カンテン」

手軽に食物繊維が摂取できる「粉カンテン」

手軽に食物繊維が摂取できる「粉カンテン」
カンテンは、すべての食品の中で最も食物繊維の含有量が高く、ダイエットやデトックスに有効な食品です。カンテンを利用して、手軽に食物繊維を摂取する方法を紹介しましょう。

市販のカンテンには角カンテン、粉カンテンなどがあり、スーパーやデパートの食品売り場で入手できます。角カンテンは通常、8分以上水につけてやわらかくしてから使います。

一方、粉カンテンは、戻す必要がなく、煮溶かすだけですみ(初度ぐらいで溶解する)、使いやすいのが特徴です。お茶やコーヒーなどのほか、みそ汁やスープなど、料理に加えるだけで手軽に食物繊維が摂取できます。1袋あたり4グラム程度の個包装にされているのが一般的です。固まりやすいので、よくかき混ぜるようにし、加えたらなるべく早めにいただくようにしましょう。なお、冷たい飲み物などに加えるときは、鍋で少量の水といっしょに粉カンテンを熱し、溶かしてから使うようにしてください。

さらに、カンテン100グラム中にはカルシウムが690ミリグラム、カリウムが3ミリグラム、鉄分が9ミリグラム含まれ、体に必要なミネラルが豊富です。食材に混ぜても本来の味や香りによったく影響を与えませんから、ぜひ利用してみてください。

白米に加えて炊くだけのカンテンごはん

昼のおにぎりや夜のごはんは、食物繊維がしっかり摂取できる「カンテン入りごはん」がおすすめです。

お米をとぎ、粉カンテンを加え、ふつうに炊くだけです。米1合あたり、粉カンテン1グラムの割合でごはんを炊くと、モチモチした食感で、おいしく炊き上がります。

「はつがげんまい」もちろん、玄米や発芽玄米にしてもいいでしょう。また、パスタやパンは全粒粉のものを使うと、より効率よく食物繊維の摂取ができます。

お昼のおにぎりは、小さめを2個、お茶わん1杯ぶんのごはんで2個になるように作ってください。コンビニのおにぎりでもかまいませんが、その場合は1個ですませます。ゆっくりと味わうように食べると、それなりに満腹感も感じられるでしょう。

ちなみに、おにぎりを飽きないでおいしく食べるコツとしては、やはり、具を工夫することです。

シャケや梅干し、明太子、コンブ、カツオブシなどのほか、ゴマを振りかけるなど、トッピング感覚で楽しくお好きなものを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です